セラピストについて

セラピストのイメージ

セラピストと聞くとあなたはどんなイメージを持つでしょうか?

「優雅で優しい」「上品で美しい」「大理石のサロン」「キラキラお化粧」

こんなイメージが多いと思います。

けれど実態は抱いているイメージとはかけ離れたものとなります。

セラピストは実は 体力勝負 です!

10分もたたない内に全身から大汗が吹き出します。

このようにイメージとはかけ離れた実態ですが、それでも女性達の中では人気の仕事ランキングの上位に位置しています。
 
 

セラピストの役割

セラピストとしての役割は実際にお客様の身体に触れて、働きかける事で心身ともに癒すという役割で技術が中心です。

ここで大切になってくる事が

「身体に触れる為に知っておくべき知識」 「接客方法」

などです。

その日、その時の目の前のお客様との会話の中から心と身体の状態についての情報を受ける事が大切です。
 
 

セラピストの辛い事・大変な事・苦労

セラピストとは、見た目に反して非常にシビアなお仕事です。

どんなに心を尽くして施術をしてもお客様に気に入って頂けなければセラピストとして生きていけません。

そんなセラピスト業界は非常に離職率が高いのが現状となっています。

セラピストを目指す方々・興味がある方々がこのページをご覧になってると思いますが、イメージだけで後で傷つく事のないようにセラピストとしての苦労についてもご紹介したいと思います。
 

セラピストの苦労5つ

・苦労の割に収入が少ない
・技術レベルを維持するのが大変
・お客様との人間関係の苦労
・同僚・同業者との人間関係の苦労
・身体的な衰えが辛い
 
 

セラピストのやりがい

セラピストも苦労だけじゃありません。お金を頂くそれ以外にもセラピストだからこそ感じられるやりがいもあります。
 

 

お客様に喜んで貰える

セラピストのやりがいは何と言ってもお客様に喜んで貰える事です。施術を受け笑顔で帰っていくのを見るとなんにも変えがたい喜びがあるそうです。
セラピストのモチベーションを上げてくれる反動力となります。

技術を身につける事で収入が上がる

セラピストはお客様に施術をすることで。習った知識や技術を自分の物にしていきます。
熟練のセラピストとなると心理や健康に対する様々な知識を持ち、様々な方面からお客様の健康の為に施術を行っていきます。

独立が可能

確かな技術を身につけるとセラピストは独立し開業する事もできます。
セラピストの仕事は大きな店舗を構える必要は御座いません。自宅の一室を解放したり、お客様の自宅へ向かう出張セラピストとして活活動している人も数多くいます。